【多頭飼い必見】猫の餌に横取り防止は必要?必要性と方法を解説します

猫の多頭飼いで餌を横取りするのを防ぐ方法について知りたい。そもそも、同じ皿で餌をあげるのはダメなの?

今回は、こんな疑問に答えていきます

・多頭飼いをする時に餌を分ける必要性について解説
・多頭飼いをする時の横取り防止を具体的に紹介

この記事を書いている私は、現在2匹の猫を多頭飼いしています

2匹の猫はそれぞれ食事方法にこだわりがあり、餌の横取りに悩んだ経験ありです

その経験から多頭飼いでの餌をあげるコツを紹介していきます

多頭飼いで餌を分けないのは、NGです

多頭飼いをしていると猫ちゃん同士で餌を取り合ったり、横取りしてしまうことは良くあります

でも、よくあることだからと言ってそのままにしておくのはNG行動です

その理由は、次のような危険性があるからです

・その子に合わない食事を食べる危険性
・食べ過ぎて太ってしまう危険性
少しの間、横取りをしてご飯を食べ過ぎたりその子に合っていない食事をとっていてもそこまで大きな問題はありません
でも、食事の習慣は癖になりやすく長期的にみると大きな病気や健康の問題に繋がります
もし今、食事の習慣が乱れていると感じるのであればすぐにでも改善していくのがおすすめですね

その子に合わない食事を食べる危険性

猫ちゃんごとのライフステージや体調に合わせた餌を食べないと

・体調を崩す
・子猫の成長に悪影響が出る

こんな可能性があります

必ず、キャットフードの対象とする猫に合わせて食事をあげるべきです

一般的に、子猫から老猫までの間には必要とする栄養素やカロリー量が違います

そのため、各キャットフードメーカーからは、年齢ごとに栄養バランスを調整したフードが販売されているわけですが

これを横取りしあっていると、それぞれの猫ちゃんに必要な栄養が行き渡らず

・栄養の偏りによる体調の悪化
・栄養の不足による健全な成長の阻害

に繋がる場合が出てきます

療養食」を食べている猫ちゃんや、成長期で栄養価の高い餌が必要な子猫の時期には特に気を付けたいですね

食べ過ぎて太ってしまう危険性

食いしん坊な猫ちゃんが、一人で周りの猫ちゃんの分も食べてしまうと当然「肥満」になります

この「肥満」は、一見するとまん丸で可愛らしく見えるのですが

将来的に、猫ちゃんの命に関わるような病気のきっかけになったり、身体の健康を奪い寝たきりになってしまう原因になります

・関節炎
・糖尿病
・心臓病
・高血圧
・口腔内疾患
・下部尿路疾患
一般的に、高齢な猫ちゃんになればなるほど上記の病気や疾患にはなり易くなるのですが「肥満」の猫ちゃんはそのリスクが大幅に高まると研究結果が出ているようです
まだ、肥満になっていない猫ちゃんも横取りなどを続けるとカロリー過多で肥満まっしぐら
素手の肥満の猫ちゃんは、すぐにでもダイエットを始めることをおすすめします
猫ちゃんのダイエットの始め方については、コチラの記事で詳しく紹介しているので既に肥満の猫ちゃんは、一度読んでみてください

猫を多頭飼いする時のえさ横取り防止

次に、餌の横取りを続けると良くないことは分かったけど、実際にどうやって対策していくのがいいのかという部分について解説していきますね

基本的に「餌の横取り防止」はこの3つの方法です

・食べ終わるまで見守る
・食べる場所を離す
・時間差で与える
では、それぞれポイントを具体的に紹介していきます

食べ終わるまで見守る

この方法が一番確実で一番シンプルな方法です

猫ちゃんが食事を終えるまで見守ってあげましょう

それぞれの猫ちゃんに適切な量の餌を与えたら、それらをきちんと食べ終わるまで見守ってあげてください

そして、食べ残しなどが残る場合はすぐに片づけて他の猫が残りを食べないようにその都度対策します

一番手間はかかりますが、飼い主さんが横取りしようとした猫ちゃんを止めてあげればいいので確実に餌を分けてあげることができます

とはいえ、この方法だと「猫ちゃんの食事中は、その場を離れられないじゃないか」と困る人もいますよね

朝の忙しい時間帯など、付きっ切りで見ていることが難しい場合には、次に紹介する2つの方法を組み合わせていけばOKです

飼い主さんが適度に様子を見つつその場を離れることも可能です

食べる場所を離す

猫ちゃんごとの食事場所を離すことで、猫ちゃんの「あのご飯俺のよりうまそうだな」という好奇心を抑えることができます

我が家も、基本的に適度に監視しつつ、食べる場所を放すことで横取りを防止できているので慣れると朝の忙しい時間でも問題なく餌をあげることができますよ

食事場所を放すポイントは、次の3つ

・食器を置く部屋を分ける
・食器を置く位置を床と高所で分ける
・ケージ等で分ける
基本的に猫ちゃんは、「見えている」もしくは「匂いがする」位置に他の子の餌があると気になってしまいます
なので、完全に部屋を分けるか、床とキャットタワーの上など上下の位置を調整して気にならないようにするのが効果的です
ケージ等で隔離して、物理的に横取りできなくするのももちろん効果的ですがこの場合も、
気が散るのを防ぐためにお互いを見えない位置であげるほうがいいと思います
床の上で少し話した位置に食器を置くくらいだと、目を離した好きに横取りしたりご飯を交換する可能性があるので注意してください(体験談)

時間差で与える

時間に余裕がある場合は、猫ちゃんの食事のスピードごとに餌をあげるタイミングをずらしてあげるのも効果的です

食事のスピードがゆっくりの猫ちゃんから順番に餌をあげることで、自分の餌をっ食べ終わった後に他の子の餌を横取りしに行くのを防ぐことができます

ただこの方法は、「食べる場所を放す」ことと同時に行わないと当然のことですが、初めにあげた餌皿にみんな集合してしまうので注意してください

あくまで、横取りをしたい欲を抑えるための方法です

猫たちを留守番させる場合の解決法はあるの?

ここまで、猫の横取り防止について説明居てきました

そもそも、「留守の時間が長くて、近くで見ていてあげることができない」という飼い主さんもいますよね

そういう場合の対策として、完ぺきではないけれどある程度の効果はある方法を用意いしました

では、順番に紹介していきます

全ライフステージ対応のフードに変える

猫ちゃんの餌を分けない場合の危険性についてでも触れましたが、猫ちゃんのライフステージごとに必要な栄養素が異なります

そのため、それぞれにあった餌が必要だったのですが、キャットフードの中には、子猫から老猫まですべてのライフステージに対応できるものが存在します

このタイプのキャットフードは、低品質のものだと不安があるもののプレミアムフードと呼ばれる高品質のフードであれば猫ちゃんの健康をしっかり守ることが可能です

メリットとしては、

・餌の種類を統一できるて管理がラクちん
・栄養のバランスが崩れにくい
このように、多頭飼いにはぴったりのキャットフードです
でも、デメリットとして
・横取りによる「肥満」には対応できない
・「療養食」など特別な食事を必要な子には使えない
当然ですが、横取りによって食べ過ぎてしまう場合には、無力です
「療養食」が必要な子にも使えません
あくまで、基本的な多頭飼いの横取り防止と併用することを考えて取り入れるのがおすすめですね
とはいえ、多頭飼いの場合は全ライフステージに対応できる高品質なキャットフードがとても適しているので可能であれば、積極的に取り入れていってもいいと思います
我が家でもリピートしている全ライフステージ用の高品質なキャットフードについては、コチラの記事で詳しく紹介しているので参考にしてみてください

個体識別機能付きの給餌器を使う

次に紹介しするのは、ハイテクな個体識別機能付きの給餌器です

これはどういうものかというと、

・留守中でも猫ちゃんが餌を食べられる
・猫ちゃんごとの個体を識別できる
・個体ごとに餌を分けてあげられる
ざっくりいうとこんな感じの商品です
猫ちゃんごとに、フードを分けてあげることができるので留守中も他の子が横取りしてしまうのを防ぐことができます
ただ、こういった自動給餌器全般に言えることなのですが、価格が高額になりがちなので猫ちゃんの引数分揃えるとなると初期投資がかさみます
出来るだけ費用を抑える方法としては、目的である横取り防止機能を備えたシンプルな商品を選ぶことです
我が家で気になっている横取り防止機能付き給餌器があるので参考までに張っておきますね

猫の多頭飼いをする際のえさ横取り防止:まとめ

今回は、多頭飼いの餌の横取り防止について紹介してきました

多頭飼いをしていると餌の横取り問題は、ほとんどの人が経験することです

実際に僕も経験してあの手この手で対策してきました

猫ちゃんとの生活スタイルなどによってそれぞれ最適な方法は違うと思います

それぞれのご家庭に合った方法で猫ちゃんごとの餌の管理をしていけたらいいと思います

気になりませんか?知る人ぞ知る愛猫家のためのキャットフード!
キャットフード選びは、愛猫の健康を支える大切なポイント。

この中でも1番おすすめなのは、もちろん『レガリエ(REGALIE)』。

レガリエに食いつくちょろ君

↑レガリエを美味しそうに食べるちょろ君

なんと、日本で世界一を目指して作られた最高品質のキャットフードです。

「そんなとこまで!?」と思わせるレガリエの製法は、獣医師も認めるほど。

「大切な愛猫のためにキャットフード選びで失敗したくない」と悩む飼い主さんは、レガリエキャットフードを選べば失敗しませんね!

\今ならお試しセットが500円/

口コミ&レビュー

最新情報をチェックしよう!