猫の餌代は年間いくら?我が家の実例を紹介します

飼い猫の餌代ってみんなどれぐらいかけているのかな?

飼い猫の健康に影響の出ない餌代の節約法ってあるのかな?

今回は、こんな疑問に答えていきますね
これから猫を買い始める人や、すでに飼っている人も
飼い猫の餌代がどれくらいかかるものなのか気になりますよね?
今回は、平均的な餌代と実際に我が家でかかった餌代について紹介していきます

本記事の内容は

飼い猫にかかる平均的な餌代について

我が家の実際の餌代について紹介

飼い猫の健康に影響を与えない節約のコツ

初めて猫を飼うのに必要な費用は、もちろん餌代だけではありません
その他に揃えないといけないものの費用については、
まだ読んでいない人は、ぜひ参考にしてみてください

飼い猫の餌代の平均はいくら?

飼い猫の餌代の平均はいくら?

猫を飼うにあたって、年間の餌代がどれくらいかかるのかって気になりますよね?

人それぞれ猫の餌代にかける予算は違いますが、マイナビの調査で平均的な餌代について紹介されています

マイナビの調査によると

1戸建ての家庭が1カ月にかける猫の飼育費は10,078円

飼育費のうち、餌代にかける費用は5,780円

なんと、猫の餌代は年間で平均69,360円もかかるんですね!
この金額には、思ったより高額だなと感じる方もいると思います
とわいえ、この餌代の項目には、おやつ代なども含まれているようなので
主食となる「総合栄養食」の餌代+おやつである「一般食」の餌代の合計になっていると考えられます
基本となる餌代にときどき豪華なおやつなどをプレゼントしているとこれくらいになるのかもしれませんね

家計の予算を考える際には、5,000円程度みておけば餌代については十分そうです

また、食費だけでなく月に猫にかかる費用全体に関しては「猫の生活費は月〇〇円!?知らないとまずいお金の話」で詳しく紹介しています

費用全体を知っておくことで計画も立てやすくなるので是非参考にしてみてください!

飼い猫の餌代は年間52,740円でした【実例】

飼い猫の餌代は年間52,740円でした【実例】

餌代の平均5,780円を踏まえたうえで、我が家の2019年の餌代を分析してみました

商品名金額
1月ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏2,779円
2月ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
ロイヤルカナン 満腹感サポート 2㎏
6,820円
3月ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏2,920円
4月ロイヤルカナン 満腹感サポート 2㎏
ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
6,820円
5月ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
5,400円
6月ロイヤルカナン 満腹感サポート 2㎏
ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
6,622円
7月なし0円
8月ロイヤルカナン 満腹感サポート 2㎏
ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
6,750円
9月ナチュラルチョイス アダルトサーモン 500g
ロイヤルカナン 消化器サポート 500g
2,612円
10月ロイヤルカナン 満腹感サポート 2㎏3,867円
11月ロイヤルカナン 満腹感サポート 500g×2
ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
6,100円
12月ロイヤルカナン 消化器サポート 500g
ロイヤルカナン 満腹感サポート 500g
ナチュラルチョイス アダルトサーモン 2㎏
6,091円
合計56,781円

2019年中の飼い猫2匹にかかった食費は、56,781円でした!

ひと月当たりの平均は4,732円で、1匹だと2,366円ですね

思ったより掛かっていない事が分かりました!

我が家では、主に3つのキャットフードをローテションさせて与えています
それがこの3つです

ロイヤルカナン 療養食 消化器サポート

ロイヤルカナン 療法食 満腹感サポート

ナチュラルチョイス アダルトサーモン

我が家の食費で最も単価が高いのは、療養食のロイヤルカナン2商品です
やはり、療養食を与えていると猫の餌代が高くなりがちですね
ナチュラルチョイスは、飼い猫たちの食いつきがよくネットの評判もいいので今年1年リピートしました
価格も手ごろでおすすめですよ!

しかしながら、今回の集計には「おやつ代」は含まれていないので実際は、もう少しかかりそうです
今回、我が家の年間の餌代を調べてみて、
マイナビの調査から分かる平均的な餌代と我が家での餌代では、金額に差があることが分かりました
ここからは、猫の餌代が高くなる原因と少しでも餌代を安くすませる方法について考えていきます

飼い猫の餌代が高くなる要因は?

飼い猫の餌代が高くなる要因は?

飼い猫の餌代が高くなる要因として考えられるのは、

餌代が高くなる要因

ウェットフードや生食肉を与える機会が多い

療養食を与える機会が多い

高級なキャットフードを与えている

おやつを与える機会が多い

猫用サプリメントを与えている

口コミやアンケートなどを調べると

上記の5点が猫の餌代が高額になる要因だと考えられます

ウェットフードや生食肉は、ドライフードより高額

ウェットフードや生食肉を与えている場合は、毎月の餌代が高額になりやすいです

Amazonのランキングから人気の商品をもとにそれぞれの餌代を比べてみると

ウェットフード:1日およそ250円~400円

生肉:1日およそ300円

ドライフード:1日およそ100円~150円

※メーカ―や生肉の種類によって異なります

ウェットフードや生肉を中心に与えている家庭では、餌代が高額になりやすいのが分かります
もちらん、飼い猫の体調や環境によって適している食事は異なりますが
餌代の面で見ると、ドライフードは低コストで栄養のバランスの良い食事を与えることができることが分かりますね

療養食やサプリメントは高額になりやすい

通常の餌とは異なりますが、体調に合わせた療養食や健康を補助するサプリメントを

毎日の食事に組み込んでいる場合は、餌代が高額になりやすいです

高齢で食欲の落ちた老猫や療養中の猫の場合は、餌代が高くなりやすくなります

キャットフードの価格帯は幅がある

ドライフードの中にも、

通常のフードから高品質なプレミアムフードまで幅広い価格帯が存在します

大まかな価格帯は、

通常のフード:2,000円~3,000円

ちょっと良いフード:3,000円~4,000円

かなり良いフード:4,000円以上

※2㎏あたり

というイメージです
もちろん値段が高ければ、それだけ品質が良いものも多いのですが
各家庭の予算にあったフード選びも大切です
予算が許す範囲で飼い猫の体調に合ったフード選びをおすすめします

低価格のキャットフードには、飼い猫にとって好ましくない原材料を使用している商品もあり

長期的にみるとそういったフードは、飼い猫の健康に悪影響をあたえる可能性があります

ちなみに、2020年から我が家で、キャットフードの銘柄を見直しました!

今までのフードも良かったのですが、より猫ちゃんの身体に負担が少ない品質の良いフードをあげたかったからです

我が家で、新しく飼い始めたキャットフードとそれを選んだ基準については、コチラの記事で紹介しているので

飼い猫にぴったりのキャットフードを探している人は参考にしてみてください

≫お試しあり:ネットで買えるリッチなおすすめキャットフード3選

おやつを毎日あげる場合は、餌代が上がりやすい

毎日の主食とは別におやつを与えている場合は、その分餌代も高額になります

おやつの価格は、低価格なものから高価格なものまでいろいろですが

低価格なものでも、毎日与える場合は結構な金額になりますよね

おやつ自体は、栄養面において必ずしも必要なものではないので

餌代を削るのであれば、まずはおやつからですね

低価格で猫ちゃんも病みつきになる猫用おやつは、コチラで紹介中です

≫【2020年最新版】猫用おやつのオススメ5選!

飼い猫の餌代を安くすませるコツ

飼い猫の餌代を安くすませるコツ

飼い猫の餌代を削るのって、栄養バランスや体調面のことを考えると中々できませんよね

とわいえ、少しでも安くすむならそれに越したことはないと考える人も多いです

飼い猫の餌代を健康面に影響を与えずに抑えるには、

餌代を抑えるコツ

なるべくまとめ買いして単価を下げる

試供品やサンプル品を利用する

クレジットや販売サイトのポイント還元を利用する

これらの方法がおすすめです

この3つの方法は、我が家でも実際に行っている方法です

金額的には、そこまで大きく変化するわけではないですが

コツコツ続ければ、結構違ってきますよ

なるべくまとめ買いして単価を下げる

まず初めに紹介するのは、なるべくまとめて購入する事で安く購入する方法です

Amazonを例に見てみると

ニュートロナチュラルチョイス アダルトサーモン 500g:1,237円

ニュートロナチュラルチョイス アダルトサーモン 2kg:2,935円 (500gあたり734円)

500gの商品と2㎏の商品とでは、価格差が503円もあります

ほとんど倍近く差があるんですね

可能な限りまとめて購入しておくほうが餌代を節約することができます

でも、まとめ買いするとキャットフードの品質劣化が心配な飼い主さんも多いはずです

事実、「酸化」や「湿気」による品質の劣化はキャットフードの風味だけでなく栄養バランスや安全性を損ないかねません

キャットフードの品質を劣化させない正しい保管方法については、コチラの記事で詳しく解説しているので

フードをまとめ買いされる場合の参考にしてください

≫【知って得する】キャットフードの正しい保存法を解説します【具体例あり】

同じ餌だと飽きてしまう場合は?

とはいえ、猫の中には、同じ餌を食べるとすぐに飽きて食いつきが悪くなってしまう子もいますよね

そういった場合には、2~3種類程度のキャットフードを2㎏ずつ購入しローテーションしていくのがおすすめです

上記で紹介している保管方法を使えば、キャットフードを長期期間おいしいままで保管することも可能なので

ローテーションしつつお奇異に入りのモノだけ残していく感じがいいと思います

試供品やサンプル品を利用する

続いて紹介しするのは、初回割引で購入できる商品や初回無料でもらえるサンプルで節約する方法です

試供品やサンプルを貰う方法は、

公式サイトの初回割引商品を購入する

サンプルサイトの無料サンプルを貰う

動物病院などで無料サンプルを貰う

主に上記の方法があります
中でも、公式サイトなどで購入できる初回割引の商品は
ある程度まとまった量を低価格で購入できるのが魅力です
気に入ったら、リピートする手もあるので気になるの商品があれば一度公式サイトを確認してみましょう

サンプルサイトや動物病院などでは、およそ1~2食分程度のサンプルを貰える場合があります

飼い猫の食いつきの確認など、試しに与えてみるときに便利ですね

参考にお試し価格が設定されているキャットフードのリンクを張っておきます

まだ利用してなければ、使わないと損ですので一度確認してみてください

クレジットや販売サイトのポイント還元を利用する

こちらは、まとめ買いと併用して行う方法です

各社クレジットや販売サイトのポイントなどでポイント還元を受けましょう

Amazonを例に考えると、

Amazonクレジットカードでの購入で、1.5%のポイント還元を受けることができます

商品によっては、もともと数%のポイントが付いているものもあります

金額としては、そこまで大きくないのですが
毎月の購入を考えると、塵も積もれば山となるです
ポイント還元を受けておいて損はないので購入前に少し気にしてみるのがおすすめですよ

猫の餌代は年間いくら?我が家の実例を紹介します:まとめ

いかがでしたでしょうか?

飼い猫にかかる年間の餌代の平均は、5,780円という調査結果がありましたが

実際にかかる餌代は、工夫次第で大きく落とせます!
これから、猫を飼い始める人やすでに猫を飼っている人は
一度、餌代を節約する方法がないか確認してみましょう
その際は、下記の点を参考にしてみるといいと思います

餌代を抑えるコツ

なるべくまとめ買いして単価を下げる

試供品やサンプル品を利用する

クレジットや販売サイトのポイント還元を利用する

猫ちゃんの健康を第一に少しでも餌代を浮かせられるといいですね!
気になりませんか?知る人ぞ知る愛猫家のためのキャットフード!
キャットフード選びは、愛猫の健康を支える大切なポイント。

この中でも1番おすすめなのは、もちろん『レガリエ(REGALIE)』。

レガリエに食いつくちょろ君

↑レガリエを美味しそうに食べるちょろ君

なんと、日本で世界一を目指して作られた最高品質のキャットフードです。

「そんなとこまで!?」と思わせるレガリエの製法は、獣医師も認めるほど。

「大切な愛猫のためにキャットフード選びで失敗したくない」と悩む飼い主さんは、レガリエキャットフードを選べば失敗しませんね!

\今ならお試しセットが500円/

口コミ&レビュー

最新情報をチェックしよう!